元気にいるためには、どうしても笑顔をつくる現象

「笑顔美人」とか「笑顔ジワ」とかいいますが、何より、笑顔に勝るものはないと思います。いくら美人の女房やハンサムの男も、ムスッとしていたら近寄り難いですね。また、近寄り辛いオーラ全開ですから、うっかり近づくと災難に遭うかもしれません。

どんどん考え事をしているといった、口角が下がり、文字通り「へ」の言葉になってしまいます。そうなると、顔付きの筋肉一切が下がる感じになり、やる気がないようにもみえます。最も、年齢を重ねると、顔付きの「たるみ」が顕著になりますので、「変顔付き」ではありませんが、意識して顔付きを動かすことも大切だと思われます。

私も、鏡の前方で口角を下げた場合といった、口角を上げた場合、2往来を試してみました。すると、口角を高めるって頬がふくらんで、顔付きの顔つきも明るくなるのです。当然、まぶたの輝きも変わってきます。

毎日、絶えず笑顔でいることは難しいと思います。ただし、ふだんから意識して笑顔をつくることによって、心身ともに元気になれます。また、そのように元気でかわいい人の周囲には、自然に人類が集まってしまうね。お尻の黒ずみにピーチローズ